会 社 概 要

創業        大正3年(1914年)11月16日
所在地     神戸市中央区海岸通り8番(神港ビル6階)
資本金           67,000,000円
代表者           代表取締役社長 佐藤 國安
従業員           59名(陸上16名、海員43名)
業種            内航船舶貸渡業(内航船舶貸渡業許可番号 神R0360号)
所属労務団体   船主団体一洋会
主要取引先     川崎近海汽船株式会社
(順不同)      上野トランステック株式会社
関係会社        大洋開發株式会社(船舶貸渡業・不動産業)
​                 千代田内航汽船株式会社(船舶貸渡業)

会 社 沿 革

大正3年11月      

大正13年     

昭和11年         

昭和17年12月     

昭和19年           

昭和25年10月     

昭和35年11月    

昭和37年6月       

昭和39年2月      

同年5月            

昭和43年2月     

昭和46年10月   

 昭和47年11月   

昭和54年4月      

同年8月             

昭和55年8月      

昭和59年3月        

同年7月              

昭和62年7月        

平成2年8月          

平成6年                 

 

平成11年11月        

平成14年1月         

同年11月                 

平成18年6月           

平成28年7月           

 

​平成29年10月         

平成31年3月            

 

初代社長 佐藤國一 海運業佐藤商店創立 

大信汽船(株)を買収

第一大信丸(D/W 2,108)

第二大信丸(D/W 2,000) 

第三大信丸(D/W 3,600) を取得

社名を佐藤國汽船(株)と変更

三興丸(D/W 6,946)を新造

社長 佐藤國吉 代表取締役社長に就任

第2次大戦により所有船腹の大部分を喪失

残存船舶 第一大信丸、第二大信丸のみとなる

海運企業整備要領により第一大信丸、第二大信丸をもって甲                                       南汽船(株)と企業合同を行う。

振武丸(D/W 1,538)をも って再発足

琉球海運(株)の日本総代理店を受命

一般貨物船(雑貨積) 吉進丸(D/W 2,633)を尾                                                        道造船  (株)にて新造

クリーンタンカー 吉備丸(D/W 3,132)を瀬戸田                                                        造船 (株)にて新造

北海道定期貨物船 吉公丸(D/W 3,233)を瀬戸田                                                        造船 (株) にて新造

木材専用貨物船 吉栄丸(D/W 5,383)を名古屋

造船  (株)にて新造

 木材専用貨物船 吉兆丸(D/W 6,172)を尾道造船                                                      (株)にて新造

 木材専用貨物船 吉州丸(D/W 7,460)を尾道造船                                                      (株)にて新造

 新興汽船(株)を吸収合併。クリーンタンカー

吉成丸(D/W2,193)を取得

 外航曳船 サン・アロー(12,000PS)を新造

ロールオン・ロールオフ貨物船 

初代王公丸(D/W 4,458)を新造

L.P.G船 初代第37博晴丸(D/W 1,187)を

新造

木材専用貨物船 吉兆丸(D/W 6,419)を新造

石灰専用貨物船 菱瑞丸(D/W 6,147)を新造

クリーンタンカー                                                                                                     初代昭晴丸(D/W 2,000)を新造

ロールオン・ロールオフ貨物船 

二代目王公丸(D/W 5,200)を新造

貨物船 平戸丸(D/W 25,904)を 

湾岸戦争の政府によ る中東貢献のため援助物資輸送を行う

佐藤 國吉 代表取締役会長に就任

佐藤 國臣 代表取締役社長に就任

ロールオンロールオフ船 

三代目王公丸(D/W 6,629)を新造

L.P.G船 二代目第37博晴丸 (D/W 1,200)を新造

クリーンタンカー 二代目昭晴丸 (D/W 4,999)を新造

旭汽船よりロールオンロールオフ船 

ひたち(D/W 5,517)を裸傭船

ロールオンロールオフ船(D/W 5,335)

勇王丸を川崎近海汽船と管理契約

​佐藤 國安 代表取締役社長に就任

ロールオンロールオフ船(D/W 7,100)

ほっかいどう丸を川崎近海汽船と管理契約